PANCRASE

PANCRASE 2001 PROOF TOUR

2001.12.01 横浜文化体育館 主催者発表:5100人(満員)

photo photo photo photo
メインイベント 初代ヘビー級王者決定トーナメント決勝 5分3ラウンド
高橋義生
(パンクラス東京)
高橋義生 vs 藤井克久
藤井克久×
(V-CROSS)
1R 1分12秒、KO/パンチ
高橋義生(91.7kg) セコンド:鈴木みのる、謙吾
藤井克久(96.1kg)
レフェリー:廣戸聡一
セミファイナル ミドル級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ 5分3ラウンド
ミドル級王者
×ネイサン・マーコート
(コロラド・スターズ)
ネイサン・マーコート vs 國奥麒樹真
ミドル級1位
國奥麒樹真
(パンクラス横浜)
3R 5分00秒、判定/0-2
判定:梅木良則(29-30)小菅賢次(30-30)廣戸聡一(29-30)
ネイサン・マーコート(79.7kg)
國奥麒樹真(79.3kg) セコンド:鈴木みのる、窪田幸生
レフェリー:梅木 良則
第6試合 東京・横浜 vs GRABAKA対抗戦 ライトヘビー級戦:大将戦 5分3ラウンド
ライトヘビー級10位
×郷野聡寛
(Team GRABAKA)
郷野聡寛 vs 近藤有己
ライトヘビー級1位
近藤有己
(パンクラス東京)
3R 0分52秒、TKO/タオル投入
郷野聡寛(88.9kg) セコンド:菊田早苗、佐藤光芳
近藤有己(88.7kg) セコンド:KEI 山宮、石井大輔
レフェリー:廣戸聡一
第5試合 東京・横浜 vs GRABAKA対抗戦 ライトヘビー級戦:副将戦 5分3ラウンド
ライトヘビー級8位
佐々木有生
(パンクラスGRABAKA)
佐々木有生 vs 渋谷修身
渋谷修身×
(パンクラス横浜)
3R 3分42秒、ギブアップ/腕ひしぎ逆十字固め
佐々木有生(85.6kg) セコンド:菊田早苗、佐藤光芳
渋谷修身(85.2kg) セコンド:伊藤崇文、窪田幸生
レフェリー:廣戸聡一
第4試合 東京・横浜 vs GRABAKA対抗戦 ライトヘビー級戦:先鋒戦 5分3ラウンド
ライトヘビー級王者
菊田早苗
(パンクラスGRABAKA)
菊田早苗 vs 渡辺大介
渡辺大介×
(パンクラス横浜)
1R 2分14秒、ギブアップ/肩固め
菊田早苗(89.9kg) セコンド:佐藤光芳、石川英司
渡辺大介(85.4kg) セコンド:伊藤崇文、窪田幸生
レフェリー:梅木良則
第3試合 ライトヘビー級戦 5分2ラウンド
ライトヘビー級3位
美濃輪育久
(パンクラス横浜)
美濃輪育久 vs 柴田寛
柴田寛×
(RJW/CENTRAL)
1R 2分28秒、TKO/ドクターストップ
美濃輪育久(84.2kg) セコンド:窪田幸生、石井大輔
柴田寛(80.5kg) セコンド:星野勇二、芹沢健一
レフェリー:梅木良則
第2試合 ミドル級戦 5分3ラウンド
ミドル級7位
×三崎和雄
(パンクラスGRABAKA)
三崎和雄 vs クリス・ライトル
ミドル級3位
クリス・ライトル
(I.F.アカデミー)
3R 5分00秒、判定/3-0
判定:小菅賢次(28-30)廣戸聡一(28-30)梅木良則(28-29)
三崎和雄(77.9kg) セコンド:佐藤光芳、石川英司
クリス・ライトル(77.3kg) セコンド:アレックス・スティーブリング
レフェリー:小菅賢次
第1試合 ミドル級戦 5分2ラウンド
北岡悟
(パンクラス東京)
北岡悟 vs 長岡弘樹
長岡弘樹
(ロデオ・スタイル)
2R 5分00秒、判定/1-0
判定:小菅賢次(20-19)廣戸聡一(20-20)梅木良則(20-20)
北岡悟(76.9kg) セコンド:KEI 山宮
長岡弘樹(78.8kg)
レフェリー:小菅賢次

PANCRASE OFFICIAL RANKING

無差別級
KING OF PANCRASISTS:セーム・シュルト
  1. 近藤有己
  2. 高橋義生
  3. 國奥麒樹真
  4. KEI 山宮
  5. 菊田早苗
  6. ティム・レイシック
  7. 渋谷修身
  8. ジェイソン・デルーシア
  9. 藤井克久
  10. 空位
ライトヘビー級
KING OF PANCRASISTS:菊田早苗
  1. 近藤有己
  2. パウロ・フィリョ
  3. 美濃輪育久
  4. 佐藤光芳
  5. オマー・ブイシェ
  6. 窪田幸生
  7. ブライアン・ガサウェイ
  8. 佐々木有生
  9. 石井大輔
  10. 郷野聡寛
ミドル級
KING OF PANCRASISTS:ネイサン・マーコート
  1. 國奥麒樹真
  2. ショーニー・カーター
  3. クリス・ライトル
  4. 星野勇二
  5. 高瀬大樹
  6. 伊藤崇文
  7. 三崎和雄
  8. 須藤元気